いやな別れ方

特定調停というのも任意整理による手続きと同じく、それらの債権を有する者に対しての支払いを続けることを選択する借金整理の方法のことです。

わかりやすくいうなら裁判所が関係する任意整理ということができます。

 

この手順も任意整理による処理と似ていますが、破産申告とは異なってある部分だけの借金だけを整理していくことになりますので他に保証人が付く契約以外だけを処理する際や住宅ローンの分以外で検討していく際等も用いることができますし全ての財産を処分する義務がないため戸建て住宅などの自分名義の資産を持っているものの、手放してしまいたくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の手続きになります。

 

後々返済する額と実際としての収入額を比較し、だいたい返済の計画が立つようである場合は特定調停での手続きを進めることに問題ありませんが、破産申告とは異なって負債自体が消えるわけではありませんので、借入金の総量が巨額な場合には現実問題として特定調停による方法を取るのは難しいということになります。

 

いっぽう、国の機関が中に入るため司法書士等に見てもらわなくても不利な立場に立たされる心配がないということとか、費用を低くおさえられるという点は注目できますがお金の貸し手からの取り立てに対し処理する必要があることや文字通り裁判所にことあるたびに顔を出す手間を要するなどの覚えておきたい点もあります。

 

任意による整理と比較すると、最終段階でも同意が得られないような時は利子を全部含めた状態で払っていかなければいけないという点や最終的に貸方に対し払う総額が任意整理に対して割増しになることがあるなどの留意点もあります。